スタート|イースタン・プロミスという映画について

イースタン・プロミスという映画について-画像

スタート



イースタン・プロミスは脚本先行の映画である。
脚本のスティーヴ・ナイトはデビュー作『堕天使のパスポート』に続く刺激的な題材を探していた。
そのためロンドンやニューヨークで直接犯罪者に会って話を聞き、ロンドン市警、ロシア関連機関、アメリカのFBIにも取材。
グロテスクな闇社会にとまどいながらも、物語の主軸はこうして決まった。