タトゥー|イースタン・プロミスという映画について

イースタン・プロミスという映画について-画像

タトゥー



イースタン・プロミスでは体に43ものタトゥーを入れたヴィゴ・モーテンセン。
このタトゥー、ロシアの刑務所では囚人たちがコミュニケーションとして利用しているという。
タトゥー一つ一つに意味があり、タトゥーを見ればその人が犯した罪、服役期間、その他個人の歴史がわかるのだ。
ヴィゴ・モーテンセンが入れたリアルなタトゥーをみて、ロシア料理店では店を出た人もいたほどだそうだ。